子育て

【ダイソー3Dパズル屋台】シルバニア遊びにぴったりの大きさ

ダイソー3Dパズル屋台】シルバニア遊びにぴったりの大きさ

ダイソーでたまたま購入した【3Dパズル・屋台シリーズ】。

価格は110円(税込)。

【3Dパズル・屋台シリーズ】を実際に作ってみたところ、3D立体パズルとして楽しめる。

作った後に飾るとかわいい。

屋台の大きさはシルバニアファミリーの人形にぴったりなので遊んで楽しい。

パズルだけでなく、作ったあとも楽しめる。

なかなかコスパの良いおもちゃだと思いました。

実際に作ってみた様子をご紹介します。

ダイソー3Dパズル・屋台の大きさがシルバニアファミリーにぴったり

ダイソー3Dパズル屋台・シルバニア

【ダイソー3Dパズル・屋台】の完成した屋台の大きさがちょうどシルバニアファミリーの人形遊びするのにぴったり!

特にシルバニアファミリーの赤ちゃんがちょうどよい大きさ。

屋台の中にも入ることができるし、屋台の椅子にも座ることができます。

パズルパーツの小物もちょうどよい大きさ。

屋台を並べるとお祭りが再現できます。

普段のシルバニアファミリー遊びに飽きた時におススメ。

完成した屋台はリカちゃん遊びには少し小さめでした。

個人的にシルバニアファミリーといったらウサギ、クマというイメージでしたが、最近パンダ一家やフクロウ一家、モグラ一家が発売されていることにびっくり。

モグラ一家は1986年発売当時に販売されていたものを再現、再販売しています。

モグラ一家、シュールで気になる・・・。

ダイソー3Dパズル・しっかりとした作り

ダイソー3Dパズル屋台・パーツ

【ダイソー3Dパズル・屋台】は意外としっかりした作り。

パズルのパーツは紙よりも固め。

発砲スチロールのような素材。

パーツを切り抜き、立体に組み立てます。

箱の裏に説明図あり。

パーツを差し込む穴が小さいのでつまようじ、または竹串で刺して穴を作ると簡単。

ダイソー3Dパズル・4歳でも手伝えば作れる

ダイソー3Dパズル・組み立て方法

【ダイソー3Dパズル・屋台】の対象年齢は6歳から。

4歳の子が挑戦したところ、やはり難しい様子。

パーツを切り離すところはできる。

パーツを組み立てるのが難しい。

特に穴部分にパーツの凸部分をはめるのが難しい様子。

思いっきり刺して、凸部分がくにゃっとまがり建物が傾く、という失敗がありました。

パーツの凸部分が一度曲がってしまうとまっすぐに戻しにくい。

そして刺しにくくなります。

ダイソー3Dパズル・カスタマイズすると楽しい

ダイソー3Dパズル・カスタマイズ
パズルを上下ひっくり返して遊ぶ

【ダイソー3Dパズル・屋台】今回は3種類の屋台を購入。

3屋台を並べて遊びました。

パーツを刺す穴の大きさは全て一緒だったので、パーツを交換して楽しむ。

屋台シリーズは最終的に上下ひっくり返した状態で遊んでいました。

【ダイソー3Dパズル】はいろいろな種類の建築物や乗り物、恐竜シリーズが発売されています。

これらのパーツを組み合わせてパズルをカスタマイズしたり。

いろいろな建築物を並べて街を作ったり。

いろいろな楽しみ方ができそうです。

特にイタリア建築物シリーズの3Dパズルが面白そう。

もっと本格的な立体パズルに挑戦したくなりました。

日本のお城や海外のお城、恐竜などでシルバニア遊びをしたら、いつもと違う遊び方になりそう。

ダイソーの3Dパズルや日本のお城パズルなどは外国人の方にプレゼントしたら喜ばれること間違いなし!

特にダイソーの3Dパズルは安い・軽いのでお土産向き。

チョコエッグも食べる+おまけ遊べるお菓子。

こちらもいろいろな種類が発売されているのでいろいろと集めると楽しい。

ただし、おまけは選べないのでかぶることもあり↓

その他家で遊べる遊びはこちら↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です