子育て

フライングタイガーの【エアホッケー】は安くて遊べる!

フライングタイガーの【エアホッケー】は安くて遊べる!

先日フライングタイガーコペンハーゲンにて見つけた【エアホッケー】。

お値段1,500円(税抜)と安い!

ちゃんと遊べる?

電池は必要?

フライングタイガーの【エアホッケー】は値段が安いので本当にちゃんと遊べるか気になりました。

実際に遊んでみると、ちゃんと空気が出てパレット(円盤)がすべる!!

組み立てが若干面倒。

というわけで、フライングタイガーの【エアホッケー】組み立ての様子と実際に遊んでみた感想をご紹介します。

本体の匂いがキツイ

フライングタイガーエアホッケー・本体

箱を開けた瞬間に気になったのが匂い・・・!

臭い。

牧草?動物のうんち?独特の匂い。

【エアホッケー】のスイッチをオンにすると空気に乗ってうっすら匂います。

時間と共に匂いは少なくなってきた。

同型と思われるエアホッケー↓

【エアホッケー】同梱部品

フライングタイガーエアホッケー・ねじ

フライングタイガー【エアホッケー】の品番は:2300177

本体は頑丈でカラーボックスのような材質。

同梱されていた部品(ねじ予備あり)

  • ゴール部分
  • 得点表
  • マレット(打つやつ)2個
  • マレットにつけるシール2枚
  • パック(円盤)3枚
  • 長いねじ6本
  • 短いねじ6本
  • ミニレンチ1本
  • 組立て説明書1枚

組み立ては若干面倒

フライングタイガーエアホッケー・組立て説明書

組み立ては【エアホッケー】のゴール部分と得点表が一体になったものをねじで本体に止める。

穴がちゃんと開いていないのかねじが固い!

レンチが滑ってなかなか入らない。

組み立て時にドライバーがあるとよい。

組み立ては若干面倒でした。

組み立てたあとは箱に収納できません。(毎回ねじをはずせば収納できる)

電池は単二3本必要

フライングタイガーエアホッケー裏側
【エアホッケー】裏側

フライングタイガー【エアホッケー】には電池が必要。

単二電池3本。

事前に用意するとすぐに遊べます。

ちなみに電池を入れるところもねじ留で硬くてはずしにくい。

電池横に電源あり。

ちゃんとエアホッケーできる

電源を入れるとちゃんと空気が流れてパック(円盤)がスーッと流れる!

ちゃんと壁に当たって跳ね返る感じもエアホッケーそのもの。

距離が短いためにすぐゴールに入ります。

遊んでいる間にマレットが得点表に当たってしまい、点数が分からなくなること数回。

パック(円盤)は軽いためよく場外にでる。

【感想】多少の音はしょうがない

フライングタイガーエアホッケー・得点表
得点表

【エアホッケー】は音はするけれど、それほどうるさくない印象。

むしろ電源ONで空気が流れるときに匂いも一緒に流れる方が気になる・・・!

遊んでみた感想は『安いのにそれなりに遊べる』。

ちゃんと【エアホッケー】できます。

ただ、かさばる!

【エアホッケー】は大き目なので若干置く場所に困る。

また【エアホッケー】意外の使い道が見つからない!(当たり前)

値段相応だと思いました。

《余談》箱の取っ手壊れすぎ

購入時の話。

【エアホッケー】を購入しようと思い、箱についている取っ手を持ち上げると抜ける!

え・・・?

よく見ると並んでいる箱のほとんどは持ち手が抜けていて、スズランテープで持ち手が作られている。

店員さんに聞いたら抜けまくるそうです。

落としたらと思うとヒヤッとしました。

というわけでフライングタイガーの【エアホッケー】をやったらゲーセンでやるような大きいエアホッケーが本気で欲しくなりました。

フライングタイガーコペンハーゲンのクッキーは美味しい↓

かわいい缶が捨てづらい。

室内での体力発散はトランポリンに決まり↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です