子育て

2歳児と一緒にお菓子作り・クッキー

2歳児と一緒にお菓子づくり・クッキー

最近粘土ブームの我が家の2歳児。

粘土をこねたり、ちぎったり。

クッキー作りもこねたり、丸めたりという作業があります。

もしかしてクッキーを作れるのでは?

しかし、2歳児にお菓子作りはまだはやい??

と思いつつ、上の子がクッキー作るときに一緒にクッキー作りに初参加。

結果、試食を含め2歳児でも楽しめた!

焼く前の生の生地をそのまま食べる、生地を投げるという暴挙にも出ましたが・・・。

こねたりちぎったりしている間はとても楽しそう。

なによりもクッキーを食べているときは幸せそう。

ということで2歳児でもクッキーづくりは楽しめることがわかりました。

かなり汚れるので母に余裕があるときに作ることをオススメします。

2歳児とお菓子作り・クッキー生地の準備

セリアのクッキーミックス粉

今回はセリアで買ったクッキーのミックス粉を使用。

1袋税込110円。

抹茶味とイチゴ味。

抹茶味は直径4cmの大きさのクッキーが約12枚、いちご味は15枚作れます。

作り方は無塩バターと牛乳を測って入れて混ぜるだけ。

あとは成型して焼く。

簡単です。

そのほかにもクックパッドのこちらのレシピを参考にしました。↓

HMで作る簡単クッキー トースターOK!

https://cookpad.com/recipe/4263836

ホットケーキミックスを使うので、用意する材料も少なく計るのもシンプル。

小学生なら余裕です。

今回は私と上の子で材料を計りました。

先日スーパーで水を測って入れるだけ!という ”めちゃラククッキーミックス”というものを発見。

こちらのクッキーミックス粉ならバター、卵、牛乳もいらない。

水を入れて混ぜるだけ!

材料をそれぞれ測る手間がないのでラク!

子供でも簡単にできそうです。

材料をそれぞれ計ったらジップロックの袋へ入れる。

ここで2歳児の出番。

袋をもみもみ。

フリフリ。

2歳児でもできます。

最後に生地をまとめるのが2歳には少し難しいです。

難しいところは手伝います。

超簡単『めちゃラククッキーミックス』を使ったクッキーづくりはこちら↓

2歳児とお菓子作り・成型の準備

次は成型する準備。

机にラップを敷く。

2歳児は若干大きめに敷く。

生地をラップの上でこねているうちにラップが丸まってきてしまったので、端っこをテープで止めればよかったです。

型抜きはなし。

伸ばす用の綿棒を渡したら机を叩き始めました・・・。

というわけで道具類は渡さないことに。

机も椅子の下も汚れるの覚悟を決めます。

上の子たちは型抜きあり。

型を抜く+スタンプを押す、でかわいいキャラクターに。

以前インスタで見てかわいい!!!と思ったクッキー型↓

クマさんがトッピングをだっこしているように焼けるクッキー型。

いろいろなトッピングを持たせられるのがかわいい!

女子ウケよさそう。

2歳児とお菓子作り・生地をこねる、ちぎる、たたく

2歳児作のクッキー
2歳児作のクッキー。これで完成。

いざ作りはじめると2歳児、興味津々。

生地を渡すともみもみ。

小さくちぎる。

くっつけててみる。

こねたり、細長くまとめることもできました。

そして生地の匂いを嗅ぐ。

食べれる!と判断したのか、一瞬目を離した隙に焼いてない生地を食べる!

トッピングに用意したドライフルーツを食べる。

最終的には生地を投げる。

なんだかんだで20分ほど生地を伸ばしたりしていました。

クッキーの成型はできず。

細かいポロポロのものを適当にまとめてできた、とする。

2歳児にクオリティーは求めてはいけない。

2歳児とお菓子作り・試食

4歳児作のクッキー
4歳児作のクッキー

成型したら焼こうと思って生地を回収。

するともっと生地で遊ばせてー!と泣く!

焼く時間が待てない。

焼けるいい匂いがしてくるとキッチンに寄ってきて泣く!

だんだんと飽きてきた様子。

焼きたてを見せると食べようとする。

熱いのに・・・・。

冷まして渡すとバクバク食べました。

この時が1番楽しそう。

もっと!もっと!

とって言っていたので相当気に入ってました。

2歳児とお菓子作り・大変な後片付け

ちなみに後片付けは大変。

クッキーの生地にバターを入れたため、生地を丸めたりしていた机はベタベタ。

座っていた椅子もベタベタ。

手もベタベタ。

服も汚れる。

ベタベタの生地がそこら中に落ちている。

焼いたクッキーはカスをこぼす。

机や椅子があまりにもべたべたしていたので食卓クイックルが欠かせない・・・。

食べる前に大掃除するはめに・・・。

2歳児とクッキー作りは作る時より後片付けのほうが大変です。

けれど作っている最中や食べている間はとっても楽しそうだった。

雨の日や外に出れない日にぴったりだなーと思います。

ただし母の心に余裕のある日に限る!w

相当汚されても許せる!くらいの余裕が必要だと感じました。

ぜひ挑戦してみてください。

母に余力のない時はゴミを利用しててきとうにおもちゃをつくる。

意外と喜びます↓

その他の家遊びはこちら↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です