旅行記

コストコ【チョコもち】5つの味入りで食べやすい。値段は?売り場は?カロリー注意

コストコ【チョコもち】5つの味入りで食べやすい。値段は?売り場は?カロリー注意

先日コストコで購入した【チョコもち】。

お餅の中にマシュマロとチョコの入った一口サイズのお菓子

値段は?売り場は?

味は?

チョコを溶かして食べる?

など、【チョコもち】を実際に食べてみた感想を含め、詳しくご紹介します。

ちなみに【チョコもち】は一口サイズで味も5種類あるのでつい食べ過ぎてしまいますが、意外とカロリー高めです。

値段は?

チョコもち・パッケージ

値段は1袋899円(税込)。

【チョコもち】1袋の中には16~17個入りの小袋が3パック入り

1つあたり約19円

値段の割には高級感があるかも。

売り場は?

コストコでの【チョコもち】の売り場はお菓子売り場。

時期によってあったり、なかったり。

一袋16~17個入り

小袋一袋には16個~17個の【チョコもち】入り

5種類が3個づつ、1・2種類は4個入り。

今回購入したものは、ほうじ茶が4個入りのものが2パック、抹茶が4個入りのものが1パックの各袋16個入り。

何味か判別しずらい

チョコもち・何味?
左がチョコ味、右がコーヒー味

【チョコもち】は個別包装。

この個別包装のパッケージには印字等なし

特にわかりにくいのがチョコ味とコーヒー味。

  • チョコ味は透明な袋に黒色のお餅
  • コーヒー味は半透明の袋に黒色のお餅

3個の小袋が入っている大きな袋(外袋)の裏側の原材料名のところに書いてあるので、外袋を捨ててしまうとわからなくなる・・・。

カロリー注意

チョコもち・カロリー

直径3㎝と一口でも食べられそうなくらいのサイズ感。

けれど”餅”なのでカロリー高め。

【チョコもち】1つでだいたいオレンジ1個分!

味は?

ここからは実際に【チョコもち】を食べた感想ををご紹介。

【チョコもち】の中に入っているマシュマロの味は5種類ともあまり感じられず、食感のみ。

※味は個人的な感想です。

チャイ

チョコもち・チャイ味

チャイ味というより紅茶味。

シナモンの粉末が入っているが、そこまで強くない。

チョコ

チョコもち・チョコ味

チョコ味だけ飲み物味ではないのに違和感なく入っている。

想像通りのチョコと餅。

ほうじ茶

チョコもち・ほうじ茶

食べた瞬間ほうじ茶の香りがふわっとする。

甘さ強めのほうじ茶。

こどもにはなぜか不評。

コーヒー

チョコもち・コーヒー味

濃くて甘い、苦味のあるコーヒーの味。

一番飲み物に近い味。

抹茶

チョコもち・抹茶

濃い抹茶の味。

少し苦味がある。

チョコを溶かしたい

外袋には中のチョコが溶けている絵が描いてあり”なめらか”と説明があるが、実際の中身のチョコは固め。

とろっとしたチョコが食べたかったので加熱。

レンジで10秒加熱。

どうやったら中身のチョコが出るだろうと思いつつ、レンジで10秒加熱。

チョコよりも先にマシュマロが溶け始める。

ちょうどよい溶け具合で食べると少し柔らかい。

レンジで20秒加熱

もう10秒プラスで加熱しようと思ったところ、5秒過ぎたあたりで餅部分が膨らんでくる。

計15秒ほどで取り出したところ、【チョコもち】崩壊。

餅がとろとろに溶けすぎて飲み込みづらくなり若干危険。

外気温でチョコが溶けるくらいが丁度よいと思った。

以上コストコで購入した【チョコもち】をまとめると、

  • 1つ当たり19円とコスパよし
  • 種類を判別しずらい
  • 食べやすい大きさ
  • カロリー注意
  • 加熱しないほうがいい

ということがわかりました。

一つ一つがちょうど一口サイズで5種類の味が楽しめるので、大量に入っていても飽きがこない。

一口サイズとは言え”餅”なので、子供に食べさせる場合は誤飲等も注意したほうがよさそうです。

チョコと餅のパイ↓

コストコで購入【チョコレートクレープ】↓

こどもにも大好評のオーガニックレーズン↓

砂糖不使用なのにめちゃくちゃ甘い。