子育て

新生児がヒトメタニューモウイルスで入院・入院中の様子

生後21日目 かかりつけ医→大学病院へ

午前中の診察でかかりつけ医から紹介状を貰い大学病院まで急ぎます。

12:40分頃到着。

総合受付→小児科受付。

小児科の受付で「診察外時間なので、新規の方は診れません」。

かかりつけ医の先生が診察時間内に間に合わないかもしれない、ということで当日の午前中に見てもらえるように大学病院の先生に連絡してもらいました。

しかし、かかりつけ医から連絡が行っていることを確認するまでかなり待たされました。

確認後、受付の方は「ヒトメタニューモウイルスってなんですか?」と・・・。

症状が紹介状に書いてあることを説明しました。

その後「どうしたいですか?」と・・・。

いやいや、どうしたいも何も診察に来ているのに・・・。

ベッド貸してください、とか言えばよかったのかな?とおもいつつ、よくわからないまま感染者隔離スペースに案内されました。

その際、問診や診察、検査前には授乳はしないように言われました。

この時点で30分以上待ち・・・

そこで看護師さんが来るのを30分程待ち。

検温等問診後診察室に呼ばれました。

診察時の検査は、ヒトメタニューモウイルス、RSウイルス、アデノウイルス、インフルエンザの4種類。

すべて陰性。

陰性でしたが呼吸の症状がかなり強かったので入院が決定です。

そして完全母乳だったため付き添い入院と言われます。

診察室で入院と聞いた時、一瞬頭が真っ白に。

上の子3人も40度越えの発熱中。

どうしよう。

そんなことはお構いなしに採血。

その後レントゲンを撮影してから病棟へ来るように言われます。

入院決定・病棟へ

採血、レントゲンの検査結果を待ちます。

病棟に移ってから部屋に案内される前にまた検査。

菌血症、細菌性髄膜炎の可能性を考えて髄液検査。

尿路感染の疑いもありその検査もありました。

それぞれ検査の前に説明がありましたが、怖かったです。

髄液とか普段聞きなれない言葉にかなり不安になりました。

先生方が4,5人も立ち会っていたのも不安を増長。

もしかして大変な検査なんじゃないか?と悪い方へ考えてしまいます。

新生児の発熱の場合いろいろな可能性を考えて検査するだけだから落ち着いて、と言われ検査を行う部屋から出されました。

検査中、デイルームで待機。

待機中に病棟の説明がありました。

また入院手続き、検査承諾書等にサイン。

その後看護師さんにお昼を食べるように言われました。

隙を見て食べないと入院生活で倒れるよ!と。

15:30頃すべての検査から解放されやっとやっと授乳。

大泣きして声が枯れてこちらが泣きそうになりました。

ここで一緒のベッドに添寝

16:00窓口で入院手続き。

手続きを窓口でしたら速攻荷物を取りに帰宅するよう言われます。

今回の入院はすべて付き添ってと言われたので子供と自分の分、2人分の荷物です。

駅から家までも走って帰り、荷物をまとめ、トランクを引きずりながらまた走って駅までトンボ帰り。

途中でオムツ忘れに気づきオムツを買いながら走る。

病院に着いた時またもや大泣き中。

先に受けた検査では培養等時間のかかるものもあり、全ての検査結果を見てから抗生剤を使うと手遅れになる場合もあるので、検査結果を待たずに抗生剤の点滴が始まりました。

夜は1時間起きに点滴のチェックで上手く寝れず。

朝まで抱っこ、授乳の繰り返し~。

でも入院して先生や看護師さんが傍にいる、なにかあっても大丈夫!と思えることが本当に心強かったです。

しかし母は眠すぎて眠すぎて孤独な夜でした。

生後22・入院2目

一晩中起きて泣いていたせいか日中は静かに。

発熱も37.3まで下がりました。

沐浴だったり、昼寝だったり。

入院1日目と変わらず点滴と、痰きりの薬。

母の入院飯。ふりかけご飯

生後23日目・入院3日目

熱は平熱37.0。

相変わらず点滴、様子見の一日。

沐浴したり、母は洗濯に行ったり。

生後24、25日目・入院4~5日目

相変わらず点滴で様子見。

熱が完全に37.0度と下がり落ち着いているため、翌日の血液検査、診察結果で主治医がOKすれば退院できるかも?と明るい兆し。

生後25日目・入院5日目

点滴終了。

朝一番で採血。

もしかするとまた使うかもしれないので点滴に使った針はそのままに。

先生の診察を待ちます。

診察では熱がないこと、ちゃんと母乳が飲めていること等確認。

自宅にいる上の子たちの熱がさがり、症状が落ち着いたことを確認。

退院が決まりました。

まだ詳細な検査結果はでていなかったのですが、熱が下がり咳の症状も落ち着いてきた為、大きな感染症ではなく風邪と診断。

詳しい結果が出次第、電話で報告してくれるとのことでした。

看護師さんが点滴を抜きに来ます。

午前中にベッドを空けるように言われていたので、11時ごろ退院会計。

会計で実費の支払いはありませんでした。

会計済みの領収書を持って病棟でベッド周りの最終チェック。

退院となりました。

小さい子供はすぐに良くなるけど、悪くなるのもあっという間。

本当に入院してからあっという間に回復しました。

鼻水もすってもらう時は辛そうでしたが、おかげで治りが早くなった気がします。

退院後自宅へ。

ヒトメタニューモウイルスで入院その③に続きます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です