子育て

【IUGR:子宮内胎児発育不全 】出産後トラブルでNICU、GCU入院

【IUGR:子宮内胎児発育不全 】出産後トラブルでNICU、GCU入院

妊娠中に【IUGR:子宮内胎児発育不全 】と診断され出産

出産直後に赤ちゃんに呼吸トラブルがあり赤ちゃんはNICU入院。

入院経過などの記録。

【IUGR:子宮内胎児発育不全 】診断から出産までの管理入院、通院の経過はこちら↓

【IUGR:子宮内胎児発育不全 】診断された子供のその後の成長具合はこちら↓

全国のママに栄養と休養を届ける「ママの休食」

出産直後に羊水を吐き出さない

【IUGR:子宮内胎児発育不全 】 と診断されたことで、出産は帝王切開を推奨される。

けれど、経産婦だし普通分娩でもいけるかも?(特にこだわりがあったわけではない)ということで『できるところまで普通分娩』になる。

無事に出産直後、赤ちゃんが羊水を吐き出さなくて吸引。

事前バースプランに書いいた、”出産直後の赤ちゃんを抱っこするカンガルーケア”はできないと言われる。

顔も見せてもらえず・・・。

呼吸が弱い

IUGR:子宮内胎児発育不全 ・呼吸が弱い

その後様子を見るものの、呼吸が弱い状態が続く。

アラームが鳴りっぱなしで、1時間様子を見ても改善しない。

看護師さんがNICUの先生を呼ぶ。

肺がまだできていない

呼吸が苦しそう、たまに無呼吸になるのでそのままNICU入院決定。

肺がまだできていないのかも」とのこと。

肺を広げる薬を投与開始

翌日の面会時には人工呼吸器を装着していた。

肺に炎症が起きる

出産2日後、夜中に呼吸が苦しそうになり、肺に炎症が起きた。

抗生剤を投与したと言われる。

夜中なので特に連絡はなし。

NICUからGCUへ

無呼吸、一過性過呼吸、横断が残るものの大丈夫だろうということでGCUへ移動。

GCUに移ってから授乳と沐浴開始。

退院

IUGR:子宮内胎児発育不全 ・退院

【IUGR:子宮内胎児発育不全 】 と診断され、出産後肺が未熟だったものの、その他特に大きな病気は見当たらなかったため退院。

出産時よりも体重が減り2,000g弱で退院。

退院後2週間で検診。

ということで、【IUGR:子宮内胎児発育不全 】と診断されてからの出産後をまとめると

  • 肺にトラブルがあり呼吸が弱くて入院
  • 肺に炎症が起きた
  • NICU→GCUへ入院
  • 退院後は普通

とういう流れになりました。

退院後は普通に元気。

このようなケースもあるという体験談でした。

どなたかの参考になれば。

【英語の歌の本】で遊ぶだけで自然に英語の歌が歌えるようになった↓

子供と一緒にクッキーづくりに欠かせないかわいい型をご紹介↓

全国のママに栄養と休養を届ける「ママの休食」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です