子育て

【IUGR:子宮内胎児発育不全 】診断~入院、出産までの通院経緯

【IUGR:子宮内胎児発育不全 】診断~入院、出産までの通院経緯

妊娠中の検診で【IUGR:子宮内胎児発育不全 】と診断される。

診断後の管理入院~通院の様子をご紹介します。

どなたかの参考になれば。

【IUGR:子宮内胎児発育不全 】診断された子供のその後の成長具合はこちら↓

【妊娠20w】小さい?

妊娠20wの妊婦検診で初めて「小さいかも?」と言われる。

胎児の推定体重200g。

胎動まだなし。

念のために2週間後の検診になる。

【妊娠22w】成長が微妙

IUGR:子宮内胎児発育不全・通院

前回の検診から2週間。

胎児の大きさは2週間前とほぼ変わらず、推定体重が胎児発育曲線から大きく外れる。

2週間後再検診。

【妊娠24w】入院

2週間後の検診で胎児に少し成長が見られるものの、まだ小さいということで管理入院決定。

入院期間は出産まで。

胎動を確認。

入院生活

IUGR:子宮内胎児発育不全・入院

入院生活中は特にこれといった治療なしの安静

  • 朝食後、夕食後2回のモニター
  • 2~3日に一回のエコー
  • 血液検査

モニターでは胎児が小さすぎて心拍数が計測できず、毎回1時間近くかかった。

『異常が見つかったらすぐに帝王切開』と言われ続けて眠れなくなる。

胎児は小さいものの、順調に成長。

血液検査などいろいろと検査をするものの、IUGR:子宮内胎児発育不全 】の原因は不明

【妊娠30w】退院

胎児に成長が見られるので条件付きで退院

  • 家で絶対安静
  • 1週間おきの検診、モニター
  • 体重の停滞が見られたら即入院&出産

ということで出産まで1週間おきに病院へ行くことに。

胎児の体重は1,500g弱。

【妊娠35w】体重停滞

IUGR:子宮内胎児発育不全・体重停滞

34w後半あたりから胎児の体重停滞。

胎児体重は2,000g弱。

2週間たっても体重が増えなかったので、37wちょうどで誘発分娩決定。(帝王切開と言われるが、できるとこまで自然分娩を希望)。

出産直後に胎盤機能不全が【IUGR:子宮内胎児発育不全 】 の原因では?と言われ調べてもらうも異常なし

結局【IUGR:子宮内胎児発育不全 】 の原因は不明

20wから出産までずっと産まれても予後はよくない可能性が高い、と言われ続けメンタルが崩壊寸前

産まれてきた子供は若干トラブルがあったものの健康で、この大騒ぎがなんだったんだろうと産後に思う。

ということで 【IUGR:子宮内胎児発育不全 】の通院、入院の備忘録でした。

【L.O.Lサプライズ】は3歳の子でも十分楽しめる↓

ハマるとなかなかコスパのいいおもちゃ。

幼稚園や保育園で【ママ友】は必要かどうか↓

結論はいてもいなくても子供にはあまり影響がなかった話。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です