子育て

【ゆめぷにビーズアーティスト】作り方と作ってみた感想

【ゆめぷにビーズアーティスト】作り方と作ってみた感想

先日購入した【ゆめぷにビーズアーティスト】。

自分でぷにぷにのビーズを作り、作ったビーズでアクセサリーやチャームなどの作品が作れるおもちゃ。

対象年齢は6歳からですが、4歳、6歳の子供と一緒に作ってみました。

作り方は?

難しい?

注意点は?

など【ゆめぷにビーズアーティスト】の作り方実際に作ってみた感想を詳しくご紹介します。

ちなみに【ゆめぷにビーズアーティスト】はビーズを作るまでになかなか時間がかかった・・・。

6歳児でも作るのが少し難しかったです。

同じ”作る系”のおもちゃ、ステンドグラスキットはコスパ良い↓

【ゆめぷにビーズアーティスト】

ゆめぷにビーズアーティスト・外箱

【ゆめぷにビーズアーティスト】とは、

新タイプの型でぷにぷにビーズが作れるセット。
出来上がったビーズは付属のシリコーンバンドを通してブレスレット等のビーズアクセが作れます。付属のステッキパーツに通せばゆめかわステッキ風のチャームも作れます。
他のぷにジェルシリーズで作ったチャームをアクセントとして繋げることも出来ます。出典:セガトイズ公式サイト

  1. ぷにぷにのやわらかいビーズを作る。
  2. 作ったぷにぷにビーズでオリジナルアクセサリーやチャームを作る。

2つの工程が楽しめるおもちゃ。

まったく別のおもちゃ2つで遊んでいるようです。

【ゆめぷにビーズアーティスト】のビーズはほかのぷにジェルシリーズ、「ゆめぷにアクセDX」や「ゆめぷにロイヤルアクセDX」と組み合わせることも可能。

ビーズを組み合わせることによって作品の幅が広がります。

ドンキで激安

今回【ゆめぷにビーズアーティスト】を購入したのは 「ドン・キホーテ」。

希望小売価格4,500円のところ約1,000円で購入。

”商品入れ替えのための特別特価”!やった!

替えジェル(補充用)もある

ゆめぷにビーズアーティスト・ジェル5色入り
ジェルは5色入り

【ゆめぷにビーズアーティスト】はキットに入っている方にジェルを流し込んでビーズを作る。

型は何度も利用できるので、替えジェルを購入すれば何度もビーズが作れる!

替えジェルのみの購入もできる。

ビーズ作り方

ゆめぷにアーティスト・立体ビーズ型

【ゆめぷにビーズアーティスト】 で一番最初にやることはビーズ作り。

  • 立体ビーズ(一度に14個作成できる)
  • 大きめのノーマルビーズ

を作ります。

付属の型(立体ビーズ型と大きめのノーマルビーズ型 )に1回でできる量はジェル3袋、3色分。

ジェルは全部で5袋、5色入り。

5色のビーズを使ってアクセサリーを作ろうとすると、ビーズ作りだけで2日はかかる。

ゆめぷにビーズアーティスト・ノーマルビーズ型
ノーマルビーズ型。くしの上にジェルを流す

①の付属ジェルを混ぜる

ジェルの袋の中に色、ラメ、ジェルが入っているのでそれを袋の中でもみもみして混ぜる。

なかなかラメや色を均等にもみもみするのが難しい・・・!

②混ざったジェルをビーズに流し入れる

  • 立体ビーズ型はふつう量のジェルを流しいれる
  • 大き目のノーマルビーズ型はちょっと多めのジェルを流しいれる

ジェルが少なすぎるとビーズの形にならないので規定量入れましょう。

大き目ノーマルビーズ型はジェルを少し多めに入れないと、型から外すときにビーズが割れました。

③付属のラメやシールをジェルの中に埋める

大きめノーマルビーズにはシール、付属品の小さな装飾用ビーズ、スパンコールなど埋めることができる。

立体ビーズは小さくて埋め込みスペースなし。

ぷにぷにビーズが乾くと、シールや装飾用ビーズが透けて見えてきれい!

装飾しすぎるとビーズが割れることもあり。また、ビーズからはみ出たスパンコールがはみ出すと角が当たってチクチクして痛い!

④ふたをして乾かす

それぞれ型に流し入れたジェルを24時間乾かす。

24時間後ジェルが乾いたら完成。

ビーズ完成

ゆめぷにビーズアーティスト・はみだしたジェルを切り取る
ビーズ枠からはみ出したジェルを切り取る

ジェルを流した状態で24時間放置。

ジェルが固まったら、型からゆっくり取り出はずす。

この時、ジェルを少なめに入れたビーズは壊れる・・・!

完成したビーズはビーズ回りにはみ出したジェルがついているのでハサミできれいに取り除く。

やわらかいぷにぷにビーズの完成!

ぷにぷにビーズの手触りは本当にぷにぷにとやわらかいゴムのような感じ。

ぷにぷにビーズは蓄光し、暗闇で光ります。

アクセサリー作り

ゆめぷにビーズアーティスト・ビーズ完成
完成したビーズ

ビーズが完成したら好きなビーズを組み合わせてアクセサリーやチャームづくり!

付属のビーズを通したり、糸を通したり。

ステッキは何度も簡単にビーズが取り外せる仕様。

何度でもビーズの組み合わせを変えることができます。

4歳児はほぼできない

4歳児が【ゆめぷにビーズアーティスト】をつくるとほぼできない。

最初のジェルをもみもみする過程も、ジェルが硬くてなかなか揉めない。

ジェルの流し入れは難しい。

ジェルを取り出す作業、アクセサリーをつくることはできた!

本人は「ステッキ作りが楽しい!」とのこと。

6歳でも手伝いが必要

【ゆめぷにビーズアーティスト】の対象年齢は6歳。

作業は6歳でも付きっ切りで親の手伝いが必要に感じた。

なぜなら説明書が読めないから・・・。

手順を一通り教えると、一人でできるかな・・・?というくらいの難易度でした。

ということで【ゆめぷにビーズアーティスト】を実際に作ってみたところ

  • ビーズ作りとアクセサリー作りの2つが楽しめる
  • ビーズ作りは少し時間がかかる
  • アクセサリー作りは簡単
  • 対象年齢の6歳でも少し難しい

ということがわかりました。

自分でビーズをつくるところから始まるのか・・・!

とびっくりしましたが、ビーズ作りとアクセサリー作りの2工程がたのしめるのならコスパはいいかな?

出来上がったアクセサリーやチャームはぷにぷにでかわいい。

子供が好きそうな色合いもかわいいと思いました。

子供がはまったL.O.Lサプライズ↓

こちらも少々高いかな?!と思うけれど、いろいろな遊び方ができるのでコスパよし。

子供と一緒に料理をするとカオス・・・↓

めちゃくちゃ時間がかかるけれど、楽しんでくれる。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です