子育て

2人目出産・里帰りしないで産後を楽に乗り切る方法

2人目の出産の時。

上の子の学校や予定があるから里帰り出産できない。

1人目の出産で慣れたから里帰り出産しない。

里帰りする場所がない、など様々な理由で里帰り出産をしない人も多いと思います。

里帰り出産をしないと手伝ってくれる人がいないけれど、やっていけるかな?

産後の送迎や家事はどうしよう?

2人目育児は大丈夫かな?

など里帰りしないことにより多くの不安が生まれるのも確か。

私は4人出産しましたが、事情もあり一度も里帰りはなし。

夫と上の子達と乗り切ってきました。

産後は身体も心もボロボロでキツイ時期もありました。

不安や心配ごともたくさんあったけれど、なんとか産後を乗り切りました。

里帰りしない出産を乗り切るコツは全力で手を抜くこと!

里帰りしない出産の手抜き方法をご紹介します!

2人目出産・里帰りしないメリット

2人目の里帰り出産しないとたくさんのメリットがあります!

手伝ってくれる人がいないので、夫や上の子が必然的に手伝ってくれるようになります。

夫がイクメンへと成長することが予想されますw。

上の子は何歳になっても、赤ちゃんがやってくるという新しい環境に不安を抱きがちです。

年齢によっては赤ちゃん返りが激しくなることもあります。

そんな不安定な時期に赤ちゃんのお世話を一緒にすることによって、赤ちゃんに興味を持ってもらう絶好のチャンスにもなります。

里帰りしない出産は家族の絆が深まることが間違いなしです。

その他にもママ友の手を借りたり。

保健師さんに来てもらったり。

地域の産後ヘルパーさんやベビーシッターさんをお願いしたり。

家族以外にもいろいろなつながりを実感、感謝することができます。

2人目出産・里帰りしないデメリット

もちろんデメリットもたくさんあります。

産後体調が戻らない中での家事、育児と新生児のお世話。

どれも大変です。

大変すぎます。

寝不足になることは間違いない。

また産後すぐはは体力的に無理が効かなく、外出が難しいです。

上の子と赤ちゃんとの密室育児になりやすいです。

通園、通学しているお子さんの事などを欠席する場面も出てくるかもしれません。

ただでさえ身体的にも産後うつなど、精神的にも参りやすい産後の生活が余計に辛くなる可能性もあります。

上の子が小学校、幼稚園、保育園に通っている場合は感染症を持ち帰ってくるリスクもあります。

ただの風邪でも新生児に移すと大ごとです。

我が家も「感染症を新生児にうつす」事件が2回もありました。

また、里帰りしない出産では負担を減らすために、ベビーシッターやファミサポを頼ったり、宅配に頼らざるを得ません。

そのため金銭的な負担があります。

しかし、2人目は里帰りしない出産にする、と決めたらもう腹をくくるしかありません。

あとはいかに楽して新生児時代を乗り切るかです!

里帰りしない2人目出産の産後・食事

里帰りしない2人目出産洗濯物

2人目出産で里帰りしない場合。

退院後すぐに待っているのが食事作り・・・。

自分の分だけでなく上の子の分も、パパの分も。

里帰りしない出産の場合、まず、食事作りは放棄しましょう。

ここは自分以外にも替えの効く部分です。

パパに作ってもらう、もしくは配達のお弁当に頼りましょう!

手間のかかる夕飯を宅配弁当にするととっても楽です。

確かに費用は掛かります。

産後1か月程、自分の体調が戻るまでの必要経費だと思います。

注意点としてはどの宅配弁当の会社も、毎日の定期的な契約になると即日対応はしてくれません。

出産予定日に合わせて2週間~1か月前くらいには会社へ登録、事前聞き取り、配達日の調整を行うのが安心です。

お弁当じゃ物足りない!

とうしても作りたてが食べたい!

というかたにはミールキットがおすすめです。

ミールキットは全ての材料、調味料が用意された状態で届きます。

あとは煮るだけ、炒めるだけ。

調理時間も10分程と短くキッチンに立つ時間が減ります。

産後なるべく横になっていたい時期に時短できるのはありがたい!

そしてお弁当よりも安上がり!

ミールキットのデメリットは配達されてからの賞味期限が短いこと。

この点をうまくカバーできるように、複数の配達会社に登録。

日付をずらし、いろいろな種類のミールキットを配達してもらうのも一つの方法です。

ミールキットのおすすめはパルシステム

パルシステムのミールキットや生鮮食品は産地等がしっかり表記されているので安心。

品質の安心感は重要です。

調理も簡単、早い。

そして産後、離乳食づくりが始まる時期にも便利です!

離乳食向けのうどんなどの食材や離乳食用の野菜、魚の冷凍キューブ、無農薬の野菜なども配達してくれます。

品揃えが充実しているので、買い物の手間も省けます。

オムツなど買いに行くのが大変な大きな物も一緒に注文できます。

今なら2,000円相当の人気商品が1,000円(税込)でお試しできます。

里帰りしない2人目出産の産後・家事

里帰りしない2人目出産家事

里帰りしない2人目出産の場合、産後の家事は最低限!

鉄則です。

ホコリがうっすら溜まっていても大丈夫。

産後1か月たてばまた掃除できるようになります。

洗濯は赤ちゃんの衣類を洗ったりしなければならないので必須ですが、手を抜きましょう。

これを機に洗濯乾燥機に投資するのもありです。

里帰りしない2人目出産の産後・買いもの

買い物は全てネット!

生鮮食品も日用品もネット注文で配達してくれますね。

ネットで買えないものはほぼない、といっても過言ではありません。

便利な時代になりました!

細かい買い忘れや早急に必要な物などはパパに協力してもらうのも手です。

買い物できそうな年の上の子にちょっとお願いするのも。

ここは手を抜きましょう!

里帰りしない2人目出産の産後・未就園児の上の子のお世話

里帰りしない2人目出産お世話

里帰りしない出産で一番大変な部分はここ。

未就園児の上の子のお世話です。

動きたい盛りのこどもが一日中家にいるのは大変です。

一日中相手をするのは大変なのでこの時はテレビ、DVDにもお世話になります。

出産前に目新しいおもちゃを少し用意しとくと、家の中でも遊んでくれます。

市や区の一時保育を利用するのも手です。

ベビーシッターさんやファミサポさんを依頼する方法もあります。

室内で1時間でも2時間でも相手を変わってもらう。

または、外に連れ出してもらうと上の子も気分転換になります。

一時保育、ベビーシッター、ファミサポなどの制度は事前に申し込みや面談が必要です。

出産前に全て終わらせて、産後すぐに利用できるように準備をおすすめします。

土日はパパにたくさん遊んでもらいましょう!

廃材で適当なおもちゃもおすすめです。

5秒でできますw。

里帰りしない2人目出産の産後・上の子の送迎

里帰りしない2人目出産送迎

上の子が保育園、幼稚園に通っている場合。

毎日の送迎が必要になります。

免疫力の低い新生児を連れていくのは気がひける。

ママの体力的にも難しい。

となると頼るところは同じ園に通園しているご近所のママ友。

またはファミサポさん。

ママ友にお願いする場合は必ずお礼します。

金銭的なものでも、お礼の品でも。

また、ママ友が困っているときは必ず助けるお礼も必要です。

ファミサポさんに頼む場合は事前に手配、面接が必要です。

ファミサポさんも毎日同じ人が送迎してくれるわけではありません。

慣らし送迎も含めてなるべく早めに手配します。

送迎してくれるママ友やファミサポさんが見当たらない、というときは思い切って休園も一つの選択肢。

風邪をうつされるリスクが減ります!

上の子とゆっくりできるチャンスです!

幼稚園、保育園くらいになると家でひとり遊びの時間も長くなります。

お手伝いもできるようになります。

ひらがなを勉強したり、ドリルをやったりと学力アップも期待できます。

降園後のお友達に遊びに来てもらうのもいいかもしれません。

土日にパパといっぱい遊んでもらったり、遠出をしたりすれば平日のひきこもりはあっという間です!

里帰りしない2人目出産・番外編

ここからは番外編です。

私の産後の乗り切り方をw。

まず食事、家事、洗濯物は最低限。

食事は宅配弁当、ミールキットフル活用。

買い物は宅配、ネットショッピングにお世話になりっぱなしです。

未就園児の上の子の相手は横になりながらします。

通園児は退院翌日から気合で送迎。

もちろん新生児も連れて雨の日も。

行事、予定なども新生児連れで参加。

半分やけくそでしたw。

しかしこれ、本当にお勧めしません。

もともと体力に自信がないのですが、本当に身体がきつかったです。

産後の体力がなかなか戻らないように感じました。

産後無理すると更年期にガタがくる、といわれているように、今から更年期にどのくらいガタがくるのかおびえています。

特に上の子の世話、送迎等は本当に人の手を借りるべき、極力手を抜くべきだったと反省しています。

以上が2人目で里帰り出産しないで乗り切る方法でした。

産後の1か月はとにかく自分をいたわりましょう!

家事、育児、食事作りなど、外注できるものは外注。

自分以外の家族ができることを増やしましょう!

2人目出産、無事にのりきれますように!!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です