子育て

2人目出産【里帰り出産しない】産後を楽に乗り切る方法

2人目の出産で【里帰り出産しない】場合

出産後は赤ちゃんのお世話に加えて、上の子のお世話もある。

想像しただけでしんどいですね。

産後手伝ってくれる人がいないけれど、やっていけるかな?

産後、上の子の送迎や家事はどうしよう?

いきなり1人で2人目育児は大丈夫かな?

など、不安や心配事が付きません。

私は4回の出産で一度も里帰りなし。

産後は身体も心もボロボロでキツイ時期も多かったけれど、夫や上の子供達と乗り切ってきました。

そこで学んだことは、【里帰りしない出産】を乗り切るコツは全力で手を抜く!ということ。

【里帰りしない出産】の手抜き方法を詳しくご紹介します!

2人目、3人目。子供のお風呂も手抜きで入れる。↓

全国のママに栄養と休養を届ける「ママの休食」

2人目【里帰り出産しない】メリット

2人目【里帰り出産しない】メリットは

夫がイクメン化する

上の子が赤ちゃんに興味を持ってもらうチャンスになる など

手伝ってくれる人がいないので、夫が上の子のお世話をしたり、下の子の面倒を見たりする時間が増える。

ということで夫が自然とイクメン化

一方上の子は何歳になっても、赤ちゃんがやってくるという新しい環境に不安を抱きがちで年齢によっては赤ちゃん返りが激しくなることも。

そんな不安定な時期に赤ちゃんのお世話を一緒にすることによって、赤ちゃんに興味を持ってもらう絶好のチャンス!

その他にも保健師さん、ママ友、産後ヘルパーさん、ベビーシッターさんなど、家族以外のつながりを実感することができる。

2人目【里帰り出産しない】デメリット

2人目【里帰り出産しない】場合のデメリットは

産後体調が戻らない中での家事、育児と新生児のお世話

金銭的負担

産後体調が戻らない中での家事、育児と新生児のお世話は大変

上の子の送迎ができない、園や学校の行事欠席などできないことが増えることも。

また、【里帰り出産しない】負担を減らすために、食材配達やベビーシッター、家事代行サービスに頼らざるを得ない場面も。

そのため金銭的な負担あり

2人目【里帰り出産しない】食事

里帰りしない2人目出産洗濯物

ということで実際にどうやって手を抜く?をひとつづつご紹介。

まず、2人目【里帰り出産しない】場合、退院後すぐに待っているのが食事作り・・・。

自分の分だけでなく上の子の分も、パパの分も。

2人目【里帰り出産しない】の場合、まず、食事作りは放棄しましょう。

ここは自分以外にも替えの効く部分。

  • パパに作ってもらう
  • 宅配のお弁当
  • 食材配達

などいろいろな方法あり。

パパに作ってもらう

産後、急に『作って』と言っても料理上手なパパ以外は難しい。

ということで出産前から料理の練習をしとくのがおススメ。

宅配のお弁当

手間のかかる夕飯を宅配弁当にするととっても楽。

宅配弁当には毎日お弁当が届くものと、お弁当が冷凍されて届くものがあり。

宅配弁当は登録、事前聞き取り、配達日調整などが事前に必要です。利用予定日に合わせて前もって登録、準備しましょう!

妊娠中出産後など時期に合わせて必要な栄養素が計算された、”ママに特化した”宅配冷凍お弁当【ママの休食】。

ママだけでなく子供もパパ向けのお弁当もあり。

ママの休食(きゅうしょく)公式サイト

ミールキットを利用

お弁当じゃ物足りない!とうしても作りたてが食べたい!というかたにはミールキットがおすすめ。

ミールキットは全ての材料、調味料が用意された状態で届き、あとは煮るだけ、炒めるだけ。

調理時間も10分程と短くキッチンに立つ時間が減ります。

お弁当よりも安上がり!

ミールキットのデメリットは配達されてからの賞味期限が短いこと。

複数の配達会社に登録し、日付をずらし、いろいろな種類のミールキットを配達してもらうのも一つの方法。

生協やパルシステムではミールキットと一緒にオムツも注文可能。

かさばる物や重いものを買いに行く手間が省ける!

2人目【里帰り出産しない】家事

里帰りしない2人目出産家事

2人目【里帰り出産しない】場合、産後の家事は最低限!が鉄則。

家族にお願いする、または家事代行サービスに依頼しましょう。

オンラインで予約できていろいろな家事をプロに頼める”くらしのマーケット”↓

2人目【里帰り出産しない】買い物

2人目【里帰り出産しない】場合、買い物はネットショッピングフル活用!

生鮮食品も日用品も全てネット注文で配達可能。

2人目【里帰り出産しない】未就園児の上の子のお世話

里帰りしない2人目出産お世話

2人目【里帰り出産しない】ことで一番大変なのが未就園児の上の子のお世話。

動きたい盛りのこどもが一日中家にいるのは大変。

出産前に目新しいおもちゃを少し準備しておくことも必須!

市や区の一時保育を利用、ベビーシッターさんやファミサポさんを利用も。

一時保育、ベビーシッター、ファミサポなどの制度は事前に申し込みや面談が必要です。出産前に手続きを終わらせておくと安心。

土日はパパにたくさん遊んでもらおう!

廃材で適当に作ったおもちゃでも子供は意外と喜ぶ↓

2人目【里帰り出産しない】上の子の送迎

里帰りしない2人目出産送迎

上の子が保育園、幼稚園に通っている場合は毎日の送迎が必須

免疫力の低い新生児を連れていくのは気がひける。

ママの体力的にも難しい。

となると頼るところは同じ園に通園しているご近所のママ友ファミサポさん

送迎してくれるママ友やファミサポさんが見当たらない、というときは思い切って休園も一つの選択肢。

風邪をうつされるリスクが減る。

上の子とゆっくりしてもよし、一緒に勉強してもよし。

降園後のお友達に遊びに来てもらうのもいいかもしれません。

2人目【里帰り出産しない】人を頼る

2人目【里帰り出産しない】、夫も不在、未就園児が家にいるとなった場合、意外とメンタルにくる。

メンタル崩壊する前に、ママ友、保健師さん、ファミサポさん、保育園・幼稚園の先生など人に頼って話を聞いてもらいましょう!

2人目【里帰り出産しない】体験談

ここからは私の産後の乗り切り方を。

食事は産後1か月宅配弁当で、ご飯のみ炊く。

買い物は宅配、ネットショッピング。

未就園児は横になりつつお世話。

通園児は退院翌日から新生児連れで気合で送迎。(おかげで新生児が風邪を貰い入院する羽目になる)

手を抜いた!と思ってもやはり産後。なかなか体調が戻らず、しんどかったです。

ということで、産後の1か月はとにかく自分をいたわりましょう!

家事、育児、食事作りなど、外注できるものは外注、頼れるものは何でも頼る。

2人目出産、無事にのりきれますように!!!

新生児に風邪がうつって入院↓

産後じゃなくても疲れる。子連れ買い物ストレスを軽減する方法↓

「ママの休食」に頼ってみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です