子育て

年子・2歳差の寝かしつけ

我が家の子供達は厳密に言うと全員年子です。

が、一番上と2番目は1歳11か月差、2番目3番目は年齢も学年も年子。

3番目と4番目は1歳11か月差 、年子と2歳差とします。

よく、寝かしつけ大変でしょう?

と聞かれることが多いですが、我が家の寝かしつけは楽です!!!

むしろ寝かしつけをしていません。

1歳から6歳までの4人ですが、それぞれベッドに入ったら勝手に寝ます(笑)

本当によく聞かれるので「寝かしつけしない」寝かしつけについてです。

年子・2歳差の寝かしつけ・1人目の寝かしつけ

初めての赤ちゃんの時、寝かしつけには大変苦労しました。

それまで赤ちゃんにあまり関わったことのない自分のイメージでは、

「赤ちゃんて抱っこするとすぐ寝るんだよね」

むしろ「ベッドでずーっと寝ているんだよね」

と本気で思っていました。

実際に赤ちゃんが生まれて寝ない!寝ない!こんなに起きているものなの!?

とびっくりしました。

抱っこでゆらゆら~とか背中をトントン、とか寝かしつけの技があることも初めて知りました。

また抱っこで寝ていたのに、ベッドに置くと泣く「背中スイッチ」があることも・・・。

我が家の1番目にもありました、背中スイッチ。

母乳育児だったせいか眠いんだか、飲んでいるんだか、はたまたゲップが気持ち悪い?オムツ?

原因もわからないでとにかくまとまって寝ない日々が生後4か月まで続きました。

ちなみに助産師さん、保健師さんに添寝、添い乳を何度も薦められました。

しかし、もし赤ちゃんと一緒に寝ていて潰してしまったらどうしよう?

という恐怖があったので添寝はしませんでした。

また添い乳は上手くできなかったので最初から諦めました(笑)

なので夜間授乳の際は自分も起きて、座って寝落ちしないように普通に授乳していました。

年子・2歳差の寝かしつけ・ネントレに挑戦してから

生後4か月たっても一向にまとまって寝る気配がない。

睡眠時間も決まっていない。

抱っこじゃないと寝ない。

という悪循環に陥りました。

自分も産後すぐは気が張っていて夜通し起きていても寝不足や疲れは感じなかったのですが、明らかに疲労がたまってきました。

毎日子供を寝かせるために生きているような。

毎日睡眠不足

なぜ外国の赤ちゃんはベビーベッドで一人で寝るんだ?

と不思議に思いネットを検索したところ、「ネントレ」なるトレーニングを発見。

「ネントレ」とは赤ちゃんが自分の力で眠りに入るトレーニングのことです。


赤ちゃんが夜早く、長く眠る かんたん ねんねトレーニングBOOK [ 伊藤かよこ ]

最初は赤ちゃんが自分で寝入るまでベビーベッドなど安全な場所で一人にします。

このとき5分おきに様子を見、ここにいるよ、大丈夫だよ、と声がけしに行きます。


ベビーモニター用 アタッチメント スタンド ベビーモニター を三脚でもベビーベッドでもご使用いただけます♪ ≪ベビーカメラ同時購入時専用≫対応機種:BM-LTL2 / BM-JWL1 / BM-LT02 / BM-JW01

このとき赤ちゃんは大泣きします。

1時間大泣きする赤ちゃんもいるそう。

この時根気よく声掛け、安心させてあげるとよいらしいです。

それを2日、3日と繰り返していくとベッドに置いたらいつのまにか自然に寝る、というトレーニングです。

ネントレ1日目、泣き叫んでいる赤ちゃんの様子に何回も心が折れそうになりました。

一緒に泣きそうになったので夫にも声掛けを手伝ってもらいました。

40分程泣き続け就寝。

疲れたのか初めて6時間程まとめて寝てくれました。

2日目になると開始15分で爆睡。

泣かなかったのに3時間とまとまった睡眠を取ってくれました。

それ以降は寝入りに泣く、ぐずり泣き等なく一人で寝ることを覚えました。

年子・2歳差の寝かしつけ・2人目以降の寝かしつけ

2人目が生まれたとき上の子はほぼ2歳。

でもベッドに入ると1人で寝ることができます。

なので2人目は生まれて病院を退院した翌日からベビーベッドで1人寝にチャレンジすることに。

上の子の寝るタイミングに合わせて授乳、オムツ替えをします。

あとは暗くした部屋のベッドに置くだけ。

退院翌日からずっとそのリズムを続けていたら全く泣くことなく寝るようになりました。

3番目、4番目もおなじ要領です。

毎日決まった時間に部屋を暗くしベッドに寝かせる。


【期間限定最大P10倍】 ベビーベッド|SC(ナチュラル/ホワイト)【保証付】【ハイタイプ】【スノコ床板で通気性◎】【収納板付き】

毎日決まった時間に起こす、太陽の光を浴びさせる。

これだけで夜の寝かしつけは全くなくなりました。

ちなみに朝の朝寝も毎日同じ時間に寝かせます。

上の子が外遊びや幼稚園に行くようになると毎日家にいることは難しくなるので、我が家では毎日決まった時間に抱っこ紐に入れ少しトントンする、という風にしています。

毎日ほぼ同じ時間に同じ行動をすると子供も慣れるのか多少騒がしくても寝てくれます。

年子、2歳差の寝かしつけ・寝かしつけしないメリット・デメリット

添寝もかわいい

寝かしつけしないデメリットは特にないです。

強いていうのなら「子供と添寝できるのは今のうちだけだからいっぱいしたい!」

という方には少し寂しいかも。

また普段一緒に寝ていない、添寝に慣れていないので、旅行で添寝プランだと親が非常に窮屈です。

兄弟同士添寝させても大丈夫な様子。

添寝プランのほうが安く、ベッドが必要だと幼児でも大人に近い料金がかかるので出費が痛いです(笑)

とこんな感じですが、親にとっても質の良い睡眠がとれ、日中も元気に過ごせること。

寝不足解消が一番大事だと感じました。

また今まで寝かしつけに使っていた時間を自分の時間として使えること。

また子供自身ものびのびと寝れること。

親にも子にもメリットが多いと感じたネントレでした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です