子育て

【日焼け対策重視】夏の公園ママファッション

【日焼け対策重視】夏の公園ママファッション

夏というより最近では4~5月頃から。

子供と一緒の公園遊び、晴れた日は日差しが強くてめちゃくちゃ暑い!!!

そのままだと日焼けするので、日焼け対策は必須

夏の公園での日焼け対策ファッションは?

帽子、サングラス、手袋、完全装備だと怪しい??

など、現在も公園に絶賛通い中、絶対に日焼けしたくない私が【日焼け対策重視】の公園ファッションをご紹介します。

ちなみに実際に公園に行くと、多くのママが日焼け対策をしています。

猛暑の日は公園行かない。家で遊ぼう!

【日焼け止め】は必須

絶対に欠かせないのが【日焼け止め】

ドラッグストアで買えるSPF50、PA++++の日焼け止めを塗っても気づくとうっすら焼けている。

4~5月頃は気温がそこまで高くないものの、日差しは強烈

赤ちゃんや子供には肌に優しい成分の日焼け止めがおすすめ。

赤ちゃんや子供、敏感肌の大人にも使える【ジョンマスターオーガニック】の天然由来成分の日焼け止めはこちら↓

厳選されたオーガニックコスメならジョンマスターオーガニック

ちなみに周りでは”飲む日焼け止めサプリ”を飲んでいる人も多く、効果あり!と言っている人もいれば、効果なし!という人もいる。

【UV帽子】は欠かせない

【UV帽子】も絶対欠かせなないアイテム。

つばが広めの【UV帽子】だとと首元、デコルテ部分も日焼け予防できる。

しかし、つばが広すぎると後方が見にくい、視界が狭くて子供を探しにくいこともあり。

風にあおられないように、あご紐か帽子内で調節できるタイプが使いやすい。

キャップタイプだと視界良好だけど、耳や首元が焼けやすいので日焼け止めは耳も塗り忘れなく!

目は【サングラス】で守る

目も肌と同じように紫外線を受けて日焼けする。

目の日焼けが肌の日焼けにつながることもあり、なかなか手強いパーツです。

日焼けした後の充血止め目薬はあるけれど、【サングラス】で目を守ることも大事。

首元も焼けやすい

日焼け止めを塗っていてもTシャツなどの首元が赤くなっていることが。

襟や胸元が開いた時はネックカバー。

UV機能はもちろん、冷感機能ありのものは着けていても意外と涼しい!

通気性がよいのでそのまま運動も可能。

手の甲は忘れやすい、焼けやすい

手の甲は日焼け止めを塗ったのに、手を洗いすぎて流れたり浮いたり。

意外と忘れやすいパーツ。

  • 手の甲まで覆うタイプの袖がついているUVパーカーやカーディガン
  • アームカバー

などで日焼け防止可能。

アームカバーも冷感機能ありだとスーッと冷たくて暑さを感じません。

サンダルは日焼けする&砂が入る

夏は暑いからサンダルで公園に行きたい。

サンダルから出ている肌も日焼け防止を忘れやすい箇所。

サンダル焼け回避にはスプレータイプの日焼け止めがラク↓

しかし、砂場に行くとき子供を追いかける時などは夏でもスニーカーのほうがラクですね。

自転車で公園に行く人はサンバイザー

自転車に乗って公園に行く人は帽子よりもサンバイザーの方が使い勝手がよい。

視界が広くて、風に飛ばされない。

前髪があると前髪ぺしゃんこになるのが若干のデメリットです。

多少怪しい見た目でも大丈夫!みんなそんな感じ!

ここまですべての【日焼け対策】を行うと、見た目完全に怪しい人。

しかも現在はプラスマスクなので本当に怪しい。

誰だかわからないし。

でも、大丈夫!みんなそんな感じ。

むしろ帽子など被っていないと暑くて公園にいられない!

多少怪しくても気にしなくてOKです。

水分補給は欠かさずに!

日差しの強い時期に公園に行く際、水分補給は欠かさずに

子供には水筒を持って行ったりとこまめに水分補給をしますが、親は忘れがち!

なかなか水筒2本持っていくのは重いし面倒。

けれど、暑さで倒れる前に水分補給しましょう!

以上【日焼け対策重視】の夏の公園ファッションでした。

夏の公園はファッションを楽しむというより【日焼け対策重視】。

怪しい見た目のせいか、夏は公園で知らないママに話しかけられることはありません。

怪しいしけれど、将来肌をボロボロにしないために・・・!

夏の公園、涼しく【日焼け対策】しつつ乗り切りましょう。

夏の子供の水遊びはこちら↓

日差しが強すぎる!暑すぎるときは家で遊ぼう!↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です