お出かけ

カンドゥーでお仕事体験

千葉県、幕張新都心のカンドゥーに行ってきました!

今回はカンドゥー内で実際に体験したお仕事についてです!

予約体験したお仕事の数は5つ。

稼いだお金を使って体験したサービスが1つ。

金券500円を使って体験したサービスが1つです。

ちなみに行った当日。

人気があり早い段階で予約が終了してしまったお仕事は、アイスクリーム屋さん、警察官、たこやき屋さん、モデルでした。

どのお仕事も午前10:30ごろには予約発券終了。

人気のお仕事に挑戦したい場合は朝一番の予約をお勧めします!

魔女になって”ねるねるねるね”を作る仕事

朝イチで大人気のCOLD STONE CREAMERYのアイスクリーム作り体験を予約。

予約した回まで時間があったので予約なしで”ねるねるねるね”を作るお仕事に並びました。

予約が入れば予約した人優先。

予約が入らなければブース前に並んだ順に体験できます。

こちらのブース、COLD STONE CREAMERYのお隣なので、予約を取った後すぐに並べました。

また1回の体験人数も8人(他は4名とか)と多く、予約が取りやすいのでお勧めです!

最初にユニフォームへ着替え。

魔女のマントはピンク、青、紫の3種類。

青が大人気でした。

マントを着たら帽子。

滑り止めのヘアバンドを付けて魔女の防止をかぶります。

魔法学校の雰囲気

帽子を被るのが衛生的に心配な方はインフォメーションで使い捨てのシャワーキャップを貰えます。

体験内容は最初にDVDで”ねるねるねるね”の説明。

→”ねるねるねるね”がなぜ膨らむのかの実験

→”ねるねるねるね”を実際に作ってみよう!

といった流れでした。

”ねるねるねるね”、は物質の反応を利用したお菓子!

アルカリ性→酸性で色が変わるとか。

怪しい着色料は一切入っていないそうです。

知らなかった!!

昔CMで魔女が混ぜていたから、怪しいものが入っているんだと思ってた。笑

実験ではコレとコレを混ぜると泡がでるんだよ~と

スタッフの方が優しく実験方法を教えてくれます。

次にシートを渡され、自分の作りたい”ねるねるねるね”の味、トッピングに〇をつけます。

そして混ぜる!

「ねるねるねるね、ねるねるねるね」

呪文を言いながら混ぜる!

最後に自分で選んだトッピングを2種類容器に入れてもらいます。

完成したら保護者に手渡し。

そしてお給料配布!

その際カンドゥーオリジナルの”ねるねるねるね”のお土産も貰いました!

魔女がCMの魔女よりかわいく、若くなっている!笑

時代は変わったんですね。

作った”ねるねるねるね”は席で食べられます。

トッピングはいつもと違う特別なもの

味は市販のと変わらない、いつものやつ。

とのことでした。

COLD STONE CREAMERYでアイスクリーム作り

本日のメインイベント。

COLD STONE CREAMERY、アイスクリーム屋さんでのアイスクリーム作りです。

COLC STONE CREAMERY↓

アイスを注文するといろいろなトッピングとアイスを混ぜながら歌ってくれるパフォーマンスが素敵なアイス屋さん。

アイス作り体験でももちろん歌います!

最初に着替え。

エプロンとサンバイザー。

着るだけで本物の店員さんみたい。

着替えが終わったら挨拶と歌の練習。

はいほ~はいほ~いぇえええいハッピー!!

スタッフのお姉さんが頑張って歌っているのが素晴らしいです!

それが終わると今度は作ってみたいアイスを描きます。

アイスの中のトッピングはオレオ、チョコレート、イチゴ、生クリーム等用意されていました。

お次は体験。

4人づつアイスとトッピングを選び混ぜます。

混ぜ方レクチャー

我が家の子供曰く、

「アイス、硬い」だそうです。

いろいろ混ぜているから柔らかいのかと思っていました!

知らないことだらけだなぁ。

混ぜ終わると次の2名が混ぜまず。

出来上がったアイスを保護者に渡してお給料タイム!

アイスは席へ持ち帰り食べることができます。

子供が食べる前に一口こっそり味見。

やっぱり美味しい!

楽しくて、アイスも貰えて大満足です。

人気の訳がわかりました。

ショーウィンドー。美味しそう

JALのパイロットになってみる

お次はJALのパイロット。

本当は客室乗務員が良かったそうです。

客室乗務員の制服、かわいいもんね。

ちなみに客室乗務員→パイロット→マーシャラーの順に予約が埋まっていきました。

着替えに時間がかかるためか体験時間は40分。

制服着るとかっこよさ2割増し

機長のジャケット、帽子に着替えて子供達は機内へ!

ここでカメラマンさんの撮影タイム。

大人は子供達がフライトシュミレーターに乗り込んだら案内されます。

飛行機は前方が本物の機内のような作り。

パイロットは後方のフライトシュミレーターで操縦!

保護者は各シュミレーターの横に立って応援。

保護者の写真撮影は禁止だそうです。

離陸してからカンドゥー空港まで操縦するという設定。

フライト中、赤い枠の中に向かって進んでいきます。

シュミレーターも右、左、上下と向きに合わせて動きます。

そんなに激しい動きではないけれどなかなか本格的。

無事、カンドゥー空港に到着するとお仕事終了。

お給料と模型が作れる紙が貰えました。

私的には”旅に出る”と錯覚できたのが良かったです。笑

softbankロボット研究所でプログラミング

予約状況を見ていると、子供がイメージしやすい職業が人気があるような気がします。

警察官やモデルなど。

また、食べることができたり、お土産がある職業も人気。

たこ焼きやさん、アイスクリーム屋さん、ねるねるねるね。

このプログラミングのお仕事は最後の方まで結構空いていました。

プログラミング、という言葉が子供に馴染みがなかったようです。

ロボットのペッパー君を動かすお仕事だよーと教えたら興味を持ってくれました。

ペッパー君を動かそう

こちらもまずは着替え。

映像でプログラミングの概要を説明。

我が家の6歳児はきょとんとした顔でした。

その後タブレットにペッパー君を動かす動作を入力していきます。

手を上にあげたり、ギターを弾いたり。

最後に2人づつ動きを発表します。

自分が考えた動きがに反映されているのが分かったかどうかは謎です。

とりあえずペッパー君がかわいくギターを弾いてくれたので喜んでいました。

その後お給料とパンフレットを貰いお仕事終了!

映像やスタッフさんの説明が保護者の見学場所では聞き取れなかったのが残念でした。

カンドゥーラジオのアナウンサー

カンドゥーの街に流れるラジオを制作するお仕事です。

アナウンサーとプロデューサーがありました。

1回の体験人数はプロデューサーが1人、アナウンサーは6人でした。

まずはお着換え。

小学校3,4年生くらいの大きい子はスタッフジャンパー。

小学校低学年、未就学児の子はポロシャツでした。

文化放送提供

着替えたらラジオブースの中へ。

ブースはガラス張りなので外からもばっちり見えます。

アメリカンっぽい外観がとてもかわいい。

中の声は直接は聞こえないけれど、マイクを通して聞こえます。

喋るときはマイクのレバーを上げる!など、DJになりきった気分の様子。

台本が用意してあり、自分の色のラインが引いてあるところを順番に読みます。

また大きくなったら何になりたい?

の質問もありました。

字の読めない未就学児の子には少し厳しい体験かな?

もちろんスタッフはフォローしてくれます。

何回か練習をした後で本番。

本番は街全体に放送されます。

前フリは本物のアナウンサーさん。

子供達も順番にスムーズに台本通り!

本番の放送が終わると、実際に流れた音声をCDに焼いてくれます!

緊張気味の子供の声が残るなんて、とてもいいサービス!

焼き終わるとCDを貰え、お給料をもらいお仕事終了。

一番緊張したお仕事だったそうです。

クロネコヤマトも超リアル

稼いだお金でネイルサロン♪

これまでのお仕事で稼いだお金カッチンでできることは3つ。

  • 銀行に預ける
  • ショップでお買い物
  • ネイルサロン、フェイスペイントのサービスを受ける

カッチンは銀行に必ず預けなければいけない、といったことはなく持ち帰りもできます。

前のカンドゥー記事でもご紹介しましたが、

カンドゥーショップの↓のような金魚のゴム人形1匹が20,000カッチン。


ぷにぷにすくいでめきん 約100入【スーパーボール すくい】{でめきん デメキン 金魚 きんぎょ キンギョ 出目金 すくい すくい用品 お祭り 縁日 お祭り 子供会 やわらか ぷかぷか}[17F01]233{幼稚園 夏祭り 景品}

ネイルサロン、フェイスペイントは5,000カッチン。

相場が・・・。

日本とは違うんですね。カンドゥーは。

ネイルサロン、激安です。

という訳でネイルサロンを体験。

このネイルは水で落ちるネイルなので安心。

色は黄色、ピンク、ハートや水玉や星のラメの3種類から選べました。

手を置くクッションがあったり、乾燥機があったりなかなか本格的です。

常に女の子が3~4人並んでいました。

カウンターはスタッフのお姉さん2人。

待ち時間は15分程、ネイルを塗る時間は乾かすのも含めて10分程でした。

フェイスペイントはペイント時間が15分表示。

スタッフのお姉さんは1人。

こちらも並んでいる子は3~4人でした。

ネイルはちゃんとラメが乗っかていてキレイ。

お姉さんとどのラメでるかな~ってお話したんだよ!

ととても満足そうでした。

14:00間際、子供達の仕事がだいたい終わり、お給料を手にしたこの時間帯が一番混んでいる様子でした。

給料もらったら使いたいもんね!

金券500円×2でピザ作り体験

入場時にもらった金券はテーブルアクティビティのピザ作りにも使えます。

金券500円×2=1,000円で一枚ピザを作ります。

作る場所は自分たちの座っているテーブル。

ピザ生地を伸ばす→トッピング→焼きあがったものを食べる

というアクティビティです。

QBBチーズ2個貰えます。

これは予約不要なので仕事の空き時間に挑戦可能。

次の予約まで30分程時間はありますか?と聞かれます。

トッピングから焼き上がりまで約30分が目安。

しかし、仕事によっては早めの集合時間だったりでなかなか30分まるごと空く時間はありません。

そのため、ピザだけ作って置く→あとから焼いてもらう、

とちょうどよい時間に出来立てを食べることができます。

または子供が仕事中に親が取りに行くこともできます。

焼き時間は空いていると5分、混んでいると10分少々と言われました。

実際の焼き時間は5分程でした。

今回は食べる直前に焼いてもらうようにしたため、トッピングが終わったピザは上に紙で覆い席に置いておきました。

アクティビティをやりながら食事もできる!

子供も満足そうだったのでお勧めです!

ピザも本格的で焼き加減もちょうどよくて美味しかったです。

カンドゥー限定!ねるねるねるね

午前の部10:00~14:30、4時間半でこれだけの体験ができました。

14:30の終了時間にはスタッフの皆さんが最後のダンスショーで一緒に踊ります。

他のスタッフさんは入口の鍵穴のところで子供達を見送ってくれます。

少し名残惜しい感じを演出!

これはまた行きたくなりますね!

と、鍵穴の出口をでてふと気づく・・・。

外にもお仕事体験あります!

どうやらレースカーに関するお仕事。

車に興味のある子供をお持ちの方は要チェックです!

以上、カンドゥーの体験記でした!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です