旅行記

成田空港第3ターミナルのキッズスペース(国際線・国内線)

先日LCC、Peach航空の国際線を利用。

成田空港第3ターミナル、国際線の出発ロビーにあるキッズスペースで遊びました。

こどもたちはすぐに飽きてしまいましたが・・・。

成田空港第3ターミナルのキッズスペースはどのような感じか、写真でお伝えします!

飛行機内でのこどもの暇つぶし方法はこちら↓

成田空港第3ターミナル国際線キッズスペース

キッズスペースは成田空港内では『キッズパーク』といいます。

成田空港公式WEBサイト

https://www.narita-airport.jp/jp

第3ターミナル国際線のキッズパークは免税店を抜けた通路脇にあります。

キッズパークは子供が靴を脱いで自由に動けるスペースです。

成田空港第3ターミナル国際線キッズスペース

キッズパークの広さはやや広め。

ふわふわのクッションのような床。

まわりもクッションで囲われています。

動物の遊具のようなものが何個か置いてあります。

重ねて遊んだり、乗ってあそんだり。

成田空港第3ターミナル国際線キッズルームもちゃ

授乳、オムツ替えスペースはキッズパークから少し歩いたところにあり。

広いので若干遠く感じます。

キッズパークの横に半個室になっている小さなお部屋があります。

ユニバーサルデザインサービス施設『カームダウン・クールダウン』という施設です。

光や音、視線をさえぎりおちつくことを目的としたお部屋です。

発達障害や知的障害、精神障害の特性のある方やそのご家族が利用できます。

この部屋の近くには静かにしましょう、の表記があったのでキッズパークでも騒ぎすぎに注意です。

成田空港第3ターミナル国内線キッズスペース

成田空港第3ターミナル国内線キッズスペース

こちらはサテライトにあり。

2階の国内線保安検査がを出たら、一度4階へ。

本館とサテライトを結ぶ連絡ブリッジがあるので、連絡ブリッジをひたすら歩きサテライトへ。

こちらのキッズパークは国際線に比べて小さめ。

赤ちゃんにちょうどよい広さ。

こちらもふわふわクッションの床にブロッククッションでの囲い。

こちらにも動物のおもちゃがありました。

成田空港第3ターミナル国内線キッズスペース動物のおもちゃ
へびとぞう?

キッズパーク横に授乳室、オムツ替えができるトイレあり。

売店もすぐ近くにあり。

出発がサテライトからの場合は非常に使いやすいです。

連絡ブリッジがかなり長いので本館から出発の場合は時間に余裕を持ちましょう!

本館から出発の場合、往復の移動時間を考えると遊ぶ時間があまりないかもしれません。

成田空港第3ターミナル・そのほか子供が暇つぶしできる場所

成田空港第3ターミナル国際線で飛行機をみる子供

成田空港第3ターミナルのキッズパーク以外で子供が暇つぶしできそうな場所は国際線、国内線の保安検査前の出発ロビー。

フードコートでご飯を食べる。

本屋さんで子供用の本を買う。

お土産を買う。

このあたりだと思われます。

保安検査後の出発ロビーではキッズパーク。

飛行機を見る。

軽食やお菓子を買う。

国際線の場合免税店でおみやげを見る、などです。

国際線の免税店はアニメ関連のグッズがたくさん販売されていました!

地方のお菓子などもあり。

子供が暇つぶしできる場所は少ないけれど・・・

LCC国際線連絡バス

上記のように成田空港第3ターミナルは子供が楽しめる場所は少ないです。

キッズパークははいはい時期の赤ちゃんなら楽しめます!

しかし、遊具やおもちゃはほぼないので少し大きな子供は早々に飽きます。

興味のある子は飛行機を延々と眺めていました。

しかし、意外と大丈夫!

なぜならLCCはチェックインから出発まで忙しい。

定刻通りなら飽きる暇もなく出発です。

例えば国内線など90分前にチェックインが開始されます。

チェックインカウンターで荷物を預ける→並ぶ

保安検査場が混雑している場合がある→並ぶ

出発搭乗口が遠い場合がある→移動で時間がかかる

最寄りのトイレがあるゲートが閉まっている→違う階のトイレを使う(1度経験)

搭乗口から飛行機まではバス移動の場合がある→出発30分前集合など時間がかかる。

などいろいろと時間がかかります。

というわけでキッズパークでのんびりと遊べる時間の方が少ないです。

毎回、キッズパークで靴を脱いで、ちょっと遊んではいおしまい。

といった感じです。

しかし、キッズパークで少し自由に動いて体力を発散してもらうのは大切だな、と感じています。

飛行機内で座りっぱなしになりますもんね。

というわけで成田空港第3ターミナル、国際線・国内線のキッズスペースを利用した感想でした。

ちなみに我が家の場合。

キッズパークよりも持参したジェットキッズに乗って電車ごっこ、という謎の暇つぶしで大盛り上がりしていました。

ジェットキッズは子供用のトランク。

もちろん荷物が入ります。

トランクに乗って進むことができたり、飛行機内で足置きになったり、飛行機内で簡易ベッドになったりします。

空港での移動や待ち時間に大活躍しました。

子連れ旅のお供に最適です。↓

LCC国内線を利用した沖縄旅行はこちら↓


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です