子育て

【サリ麺】どこで売っている?カロリーは?いろいろとアレンジできる

【サリ麺】どこで売っている?カロリーは?いろいろとアレンジできる

先日購入した、インスタント麺の【サリ麺】。

【サリ麺】は粉末スープなし、インスタント麺のみ個別包装されているので、アレンジによりいろいろな食べ方ができる麺

気になるカロリーは?

どこで売っている?

アレンジの方法は?

など【サリ麺】について気になる点を詳しくご紹介します。

ちなみに【サリ麺】は韓国発祥のインスタントラーメン。

個人的にやはり韓国系な味付けに一番合う気がします。

韓国コスメで絶大な人気があるものをコスメ別にランキング紹介【スタイルコリアン】

【サリ麺】普通のインスタント麺との違いは?

サリ麺・袋

【サリ麺】は韓国発祥の”煮込み用インスタント麺”

粉末スープはなく、インスタント麺のみでいろいろな料理に合わせられる。

麺は普通のインスタント麺より若干太く、モチモチ&つるつる。

麺の内容量は110g

普通のインスタント麺よりも麺多め

【サリ麺】どこで買える?

【サリ麺】が購入できる場所はお店、またはネットショッピング。

  • カルディ
  • ドン・キホーテ 
  • 業務用スーパー
  • イオン系列のスーパー
  • 韓国食材専門店 など

割と身近なスーパーに置いてあることもあり。

【サリ麺】カロリーは?

サリ麺・栄養成分表示カロリー
カロリー

【サリ麺】の気になるカロリーは1袋110gあたり488kcal

一般的なインスタントラーメンのカロリーは100gあたり300~500kcalといわれている。

出典:インスタントラーメンナビ

一般的なインスタントラーメンと同じか、合わせるアレンジによって少し高くなるくらいですかね。

【サリ麺】食べ方は?

サリ麺・原材料名

【サリ麺】は粉末スープなし、麺のみなのでいろいろな食べ方ができる。

  • ラーメンとして食べる
  • 鍋の〆に入れる
  • 焼きそば
  • つけ麺
  • 混ぜそば
  • かた焼きそば など

袋には『鍋用』『鍋に入れると最適』鍋に入れるのがおすすめらしい。

なぜか伸びる

サリ麺・伸びる

【サリ麺】は伸びにくい、モチモチがセールスポイント。

が、鍋に入れたらなぜかすぐに伸びた(多分失敗)。

伸びてもモチモチ感あり。

袋には”汁は多めで”と書いてある。

ということで【サリ麺】をまとめると

  • カルディや業務用スーパーなど、わりと身近な店舗で購入できる
  • 1袋488kcal
  • 麺だけなのでいろいろなアレンジができる
  • 普通に伸びる

ということがわかりました。

焼きそばにするとジャンク感がでて、ラーメンとは違った美味しさ。

焼きそばも韓国のダシダやコチュジャンなどを使うと韓国風になり美味しかった。

以上、インスタント麺【サリ麺】のレビューでした。

韓国焼酎の【チャミスル】↓

おまけのグラス付き【チャミスル】はどこで買える?など詳しくご紹介します。

こちらも韓国発祥の【ビビゴの水餃子】↓

野菜たっぷりで辛くないのでいろいろな食べ方のアレンジで楽しめる。

プチプラコスメを探すなら【スタイルコリアン】