子育て

コストコ【キャンベルカップ付きスープ】持ち運びできる容器でアウトドアに便利

コストコ【キャンベルカップ付きスープ】持ち運びできる容器でアウトドアに便利

コストコで購入したキャンベルの【カップ付きコーンスープ】

インスタントのコーンスープに使い捨てのカップ(紙容器)付き!

値段は?

味は?

カップの使いやすさは?

実際に食べてみると濃厚でおいしいカップを用意しなくていいので超便利!

味の感想や紙カップの使い心地など詳しくご紹介します。

値段は?

キャンベルカップ付きコーンスープ・紙カップ

キャンベルの【カップ付きコーンスープ】 はコストコ限定商品。

値段は12食入りで1,298円(税込)。

1食あたり約108円。

ネットで買うと少し割高。

味は?量は?

キャンベルの【カップ付きコーンスープ】の味は超濃厚!

粒粒タイプではないが、コーンの味が甘くて強い。

日本製のカップコーンスープに比べるとトロっとしている

カップ1杯で約180ml。

カップを使わないのでラク!

キャンベルカップ付きコーンスープ・付属品

このキャンベルの【カップ付きコーンスープ】の特筆すべき点はも使い捨てカップ、マドラー付き!

マグカップを用意する手間なし!

洗う手間もなし!

紙カップと飲み口は重なって包装。

マドラーは1本づつの個別包装。

アウトドアに!

キャンベルカップ付きコーンスープ・アウトドア

キャンベルの【カップ付きコーンスープ】はカップとマドラーだけでなく、飲み口ありのフタ付き。

フタをしたまま飲める、または持ち運べるのが便利で、キャンプなどアウトドアにもぴったり!

職場のお弁当のお供にも。

見た目もすごくかわいくておしゃれだけど、コーヒーのように歩きながら飲んでいる人は見かけたことがない・・・。

キャンベルから発売されているカップ1個づつ包装されているものより、 【カップ付きコーンスープ】 はカップ同士重なって販売されていたり、と収納もコンパクトにできる。

このお湯の線がわかりにくい

キャンベルカップ付きコーンスープ・紙カップ内側

ここからは、キャンベルの【カップ付きコーンスープ】 のちょっと使いにくいな、と思った点を。

作り方は

  1. 付属の紙カップにスープの素を入れる
  2. お湯を入れる
  3. 混ぜる

と超簡単。

しかし、お湯の線がわかりずらい・・・!

紙カップ内側は真っ白。

紙カップ外側にお湯のラインあり。

少し入れづらいかも。

180ml測ればいいだけのことですが、測るのすら面倒なので。

溶けにくい

キャンベルカップ付きコーンスープ・お湯の線
お湯の線

キャンベルの【カップ付きコーンスープ】はトロっとしているので、混ざりにくい。

ある程度はお湯を注ぐと自然に混ざるけれど、カップの底に粉が貯まってダマになりやすい。

カップが熱い

紙カップの紙が少し薄め。

ということでお湯を注いだ直後に持つと、めちゃくちゃ熱い

紙カップ上部、飲み口下のあたりはスープが入っていないのでその辺を持つと大丈夫。

お湯を入れた直後は持ち運びに適していない。

飲み口も小さいので、熱々のスープを飲むときは気を付けましょう。

ということでキャンベルの【カップ付きコーンスープ】をまとめると、

  • 1杯当たり108円
  • 紙カップ、マドラー付き、準備の手間がない
  • 飲み口フタ付きで持ち運びに便利
  • 濃くて美味しいが溶けにくい

ということがわかりました。

寒い季節に外で飲んでもおいしそう!

カップもマドラーもついているので、準備いらずで時間のない朝にもおすすめ。

お弁当のお供にもいいですね。

美味しくて使えるシーンがたくさんあるキャンベルの【カップ付きスープ】でした。

コストコで購入した小箱入りのオーガニックレーズン↓

手のひらサイズの小箱で、こちらもアウトドアや持ち運びに便利!

時間がない、けれどちゃんとしたものも食べたい!という場合に便利なのがレトルト食品。

添加物不使用のレトルト食品なら子供でも安心して食べられる!

出産祝いにプレゼントして、産後の忙しい時期を乗り越えてもらうのにもおすすめ↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です